理想の武道家の未来「生きる方向を与えられる大人になれてない人へ」

スポンサーリンク

f:id:doudemoisekai:20170308162906j:image 

安定と生活を1度きりすてて考え

武道家って者を考えてまとめてみた

結果的に武道家、武道は生き方だった

【会社で何かを伝える事が増えた人】

【子供とかかわる親】に読んでいただきたい!

相手の選択した生き方を否定する事だけはしないのが私の流儀

結果的に続けてるのが合気道って武道で

合気道って何?って所を考えたら

相手に気を合わせる事になるってのが答え

 

「他人に教えるのも武道」

「自分を磨くのも武道」

 

諭して進んだ先が他人からみて悪い方向でも良い。

万人受する事を考えていたら時間がかかる

人生そんなに簡単だったら誰も苦労しないでしょ?

 

学校の先生は正しいと言われる方向に諭す仕事

でも、何が正しいかなんてのはわからないでしょ?

むしろ、どうでもいいと思ってます。

正しいは何かわからないから自分の時間使って人生を歩み

経験した事を話せるといい。学校で学ぶ事を教えても意味がない。

「武道は技じゃない」けど教えるものがないとダメ

昔から自分は形、規則にこだわらないで良い所は自分に取り入れるって生き方

事、合気道に関して言うなら

 

「これ、できるようになりたい!」と子供のように色々試した

 そんな事を続けてたら点と点が繋がって線になり技はいらないなって時代があった

関連記事: 合気道を通じて感じる人生のあり方

といっても教える事は合気道なわけでやっぱり技に詳しくないといけない!

そんな事を思ったので再び研究。

護身術って概念が強い合気道。

自分から仕掛けるのは違う、何かない?と考えた結果仕掛けない技だった

琉球古武術の御殿手は違う世界の技だが目を引いた

これは決して技をしらなくていいわけではなく数多の技を知った上になりたつ技術

一目で「これだ!」となる。

 

数多の技、歴史を知った上で体得までしなければいけない

無謀な挑戦の中に今後誰かに伝える上で必要な事だと思うんですよ

詳しくなければ諭せない。そもそも人がよってこない

技に詳しくなる、体得するって段階は武道において入り口に入れた段階

それで教えさせて頂ける人が増えたら人間力がモノを言う

人がいなければ争いもないけど、伝えられる人もいなくなる 

武道を通じて【負けない】を学ぶ

【凡人は自分の価値観を重要視】

【偉人は人からの意見を真摯に受け入れる】

戦国時代は負=死

現代も負け=死

 

今の時代、命を取られる戦いに身を置く事は無い。

 

けど戦国時代も現代も変わらず生き方を間違えたら負け。

心が折れて鬱になったりしたら「負け」

心が折れて自殺したら「負け」

 戦い方は変わっても戦って生きなければいけない所は

今も昔も変わらないと思うんですよ

新しい事に挑戦・成功/失敗を繰り返して失敗しても挑戦

20歳超えると自分の価値観・安定した今を優先して

人の話を聞かなくなり他人に何思われても関係ない状態へ

「え?貴方と話づらいから話しかけないで?」と言われる事なく

何事もなかったかのように自然に関わらなくなっていく

大人って生き物はコワイ生き物です

 

20歳前(高校まで)は人の話を聞いて素直に受け入れる

「若い時は影響されやすい」っていい事で

仮に変な方向に向かっても違う選択肢を教えてくれる人が居て

フラフラしながら失敗しながら色々な人とか変わって生きて話合ってくれる人がいる

社会人になると仕事があるから人とかかわる時間が減る

徐々に安定を求め挑戦を辞め聞く耳をもたなくなる「歩く屍体」状態

20代、無理して挑戦し続ける事

失敗の数だけ経験が溜まり若い世代の後押しをする事が出来る

挑戦の回数が少ない人は人に厳しい

自分が正しいと思い込んで生きていて

嫉妬が絡んで人に厳しくなる

反対に挑戦した数が多い人は人に選択肢を与えられるし人良い意味で優しく厳しい

「やりたい事の全てをやってきた!」なんて人は今は出会ってないけど

やりたい事を諦めないで挑戦した人は若い世代を諭せる

 理想の武道家の話まとめ 

・格闘技も技
・人間力も技
・相手の暴力を超えるのも技
・生き方も技

武道の技術習得は全ての技術を極める場所としてコレからの未来伝われば更に広くなると思いますよ

武道を俯瞰的に
遠くから武道を見たら武道=生き方・生き様

結果的に合気道に20年関わり武道の事を考えて

「剣は凶器 剣術は殺人術どんな綺麗事やお題目を口にしてもそれが真実」

るろうに剣心より

 武術で学ぶ技は人に危害を加える事は否定できない

戦う技術だけを教えた所で「実戦でためしたい!」と思う所がいい所

自分を律して伝えられる立場・人間性を磨き

「話をきかせてください!」状態にする事が始めまり

話を聞いていただける状態でない状態で自分の話をしても意味がない

誰かに何かを伝える事って自分も何かを発見できる事が多く

結果的に武道で何かを表現して生きていくのは面白い

関連記事:合気道を学んで20年が過ぎたので子供時代こそ合気道を学んだ方が良い理由を話そうと思う 

現代「生き方を与えられる大人が減ってる」と思うんですよね

多くの人がを生きるように教えていた方が楽だし違う生き方をしている人も

少ないから違う生き方を伝えられる人がいない。

 

ちょっと違う生き方してもいいんじゃない?

 

楽しく生きようよ?

 

お・わ・り

view rawfooter-list-delete.html hosted with ❤ by GitHub