ゆるやかに

まだまだ修行中の桃馬です

2017年を振り返り安定の黒歴史

スポンサーリンク

2017年も色々な「黒歴史」を量産させていただいた

世間様からみたら失敗人生を爆走中の絡みづらい人間を2017年は送る

https://www.instagram.com/p/BaF9_ujgG8g/

 

人のために書くべきブログなのはわかるけど「日記」でも良いかなって

人生何が起きるかわからないし、続けている事が何に繋がるかわからない

黒歴史前回の2017年だけど自分の中では「0」に戻った年だったから

まぁ、、これからがんばろーって感じでザックリ

  

 

「黒歴史」助けたい

「僕じゃ助けられそうに無い」腎臓を悪くした血縁者。

8年近く前から今のような未来を予測していたのに結局何もできなかった

綺麗事抜きにし見捨てる事を考えたりするが

どうして良いかわから無い。というか考えるに疲れた

 

今でも自分の力不足を呪う

 

「黒歴史」パッピーエンドは無い 

このような記事をみた

 

失踪した2014年のお正月には、将来の話をした。「保健師に興味があるんや」「看護師になってからでも?」「まずは経験を積んで……」。

それが最後の会話だった。

2月末、祖母の家に行くと、祖母がぼんやり窓辺を見ていた。「あれ、帰ってこんとよねえ。バイクで行ったきり、帰ってこんわあ」。

電話もつながらない。メールも返ってこない。友人に連絡をしても「え、いなくなったんですか?」。手がかりはなかった。

どこかで住み込みのバイトでもしてるんちゃうかなあ……そう思っていた。

そのまま1年ほど経ち、電話が鳴った。母からだった。「大輝が見つかった!」。え、どういうこと? しばらく沈黙があり、震える声でこう続けた。「大輝、駄目やったとよぉ……!」 頭が真っ白になった。  

急いで宮崎に帰ると、祖母は腑抜けたような状態だった。

それから死ぬまで、「生きてる意味がない」とこぼし続けた。

失踪して見つかるまでの1年間。祖母はずっと待ち続けた。そして翌年、息を引き取った。引用:祖母と生き、23歳で死を選んだ孫。二人を撮った写真家は思う

 

「他人を助けようとする人もいない」

 

利益が発生し無いと助け無い。

自己責任って冷たい。「あまったれんな?」と言われるだろうが

無償で助ける人なんて居るわけも無く、これが普通なのか?と考える

葬式に生けば棺桶を前にして涙を流すだけ「世の中こんなものか、、」

 

事あるごとに自分の無能差を痛感する事が増えた

結果:1人で最強になるのは不可能

 

PS、記事をみて思った写真家って素晴らしい

 

関連記事

オリンパスのミラーレス一眼がレトロかっこいい様子

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII 14-42mm EZレンズキット ブラック

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII 14-42mm EZレンズキット ブラック

 

「黒歴史 」弱肉強食

  

20歳過ぎからの黒歴史の中心は怪しい高額教材を買い作った

借金返済中に完成したマインド。もはや、コレが僕の中心

 

信じやすいのは変わらないと思うし、信じたいと思っている所がある

 

、、、信じる事は悪い事なの??

あぁ、悪い事なんだね

 

訴えても「金儲けは自己責任です」と言われそうだし

裁判で勝てる気がしないし、むしろこっちの傷が深くなるだけだからと

諦めているから泣き寝入りだ。

 

「人を信じる価値はない」騙し騙され戦い続けるのが人間関係なんだね。

 

関連記事

 

るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

 
るろうに剣心

るろうに剣心

 
るろうに剣心 京都大火編

るろうに剣心 京都大火編

  
るろうに剣心 伝説の最期編

るろうに剣心 伝説の最期編

  

「黒歴史」初めての正社員生活。そして失望

昇給はあるようで無い、拘束時間は8:30-19:00で長く感じる

病院勤めだったし、仕事できないから反対されたけど代案は無い

 

・・・1番許せなかったのが、悪口が飛び交い混沌としている所

しかも患者に対して、、、w

、、無理もない。安い月給で長時間労働+メンバーが同じ

 

僕自身、段々と愚痴が増え始めた。

「風通しの悪い人間関係は淀んで行くんだなー」と考え諦めた

 

彼女が居た時期もあったけど長時間拘束で疲弊して連絡取る気が失せてた

「はい/いいえ」を答えるだけのロボットになっていた

そして間も無く別れる。入社1ヶ月目の出来事だった

その時から僕が人間的に壊れてたし仕方ないと考えてたし

むしろ「連絡を取る」束縛から解放されて少し楽になった

 

しかし拘束時間が長い強制労働をしている感覚の職場に行くのが辛かった

ボーナスと貯金を全て使い借金を完済して職場を辞める。借金完済を期に貯金も目的も職場も無くなった

 

 

関連記事

「黒歴史」飽き性は黒歴史が増える模様

 

借金完済後、反動で給料で金使いが荒くなる。

人間関係も大分そぎ落とし

「これからどうするんだろー」「とりあえず趣味作ろう」

、、色々やってみたけどすぐに飽きてしまう。

黒歴史を重ねた理由の一つに「飽き性」があると思う

というか思い立ってすぐにやれない事で悶々考えていると飽きる

 

お金荒使いして色々やってみたけど 

「お金を大量につぎ込めば楽しい!!」っていうのは幻想

もっと根本的に楽しい事は違う所にある

 

、、、何処にあるかわからないけど。

 

 

 

関連記事

 

「黒歴史」は避けられない! 

ひそかに応援中のぱにゃさんが「黒歴史を量産しながら生きている」と言ってて

その通りだなと思った。黒歴史を重ねていくものだ真っ直ぐ歩いて進むのは難しい

順風満帆にみえるあの人も実は黒歴史を量産しながら今がある

 

そう考えていたら「あぁ僕の人生も光る何かにむかっているのだろう!」

 

ポジティブに考える事にしよう。

 

、、、まぁ当ブログのほとんどが黒歴史だけどw

むしろこのブログこそ黒歴史

ほぼ僕の日記だが「日記でもいいじゃん!!」文章作りの練習だよ

他にも友達が増えたり、仕事がきたり

 

何かにつながればいいけどそんな気配はない

 

、、どこまで増える黒歴史

 

 

「黒歴史」結果を追って消耗

 

「結果」みて「結果でたら〜をしよう」と考えていた

いつ実かわから無い「結果」のため削ぎ落としながら生きたが苦しかった

小学生の時から勉強しても結果がでないような要領の悪い人間が「結果」なんて期待出来るはずも無い。

ネガティブな事を言っているけど事実だし「頑張れば結果でる!」なんてありえ無い。

 

そして気付いた過程を無視して結果だけ見て行動しても面白く無い

映画だったらネットであらすじ読んで結果だけ知る

、、そして男女関係は子供つくったらおしまい。

 

「 結果」を突き詰めていっても何もしたくなくなってた。

 

結果出せ無い、成功体験が無い人間が結果を求めストレスを抱え

そして先の見え無い「結果」に消耗してる時にphaさんと大原扁理 さんを知った

 

本屋でニートの歩き方を読んでビビッときたのでお二人の著書を5冊同時買い。

 

人生の成功者に部類される人の話は聞いたり読んだりしてて

目指す所はそこしかない!と極端な考えをしてたけど

この本が語るのは「普通の幸せでいいじゃん?」って事

(本出したりTwitterのフォロワーの数が桁外れだから随分前からニートと言える存在じゃ無いかもしれない)

 

「ゆるい生き方」がしっくり来た

 

僕は真っ当な人間になろうとしていた、正社員に復帰し結婚して家買って

しかし「真っ当な幸せはハードルが高い」レールから脱線した人間には重い

元々、働くのが苦手だし1つの場所に居られる事も無い

別に結婚とかしなくても 良い

 

自分の幸せ、苦しく無い生き方を見つけようって考えられるようになった

 

あとよかったのが大原偏理さんの本

内容も参考になる事が多かったけど1番ためになったのは

話し言葉で軽い感じの文章だった事かな

 

ブログ飯を考えすぎて結果書けない事が増えたけど

特に決まりがあるわけじゃないから自然に文章かこうかなと思いました

 

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 
しないことリスト

しないことリスト

  
持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない

 
ひきこもらない

ひきこもらない

 
年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ

  

「黒歴史」毒を撒き散らす

※大分毒を吐いています2017年※

12月ダイジェスト

 

2017年の自分は1年を通して毒を抱えて生きいた。

毒を撒き散らしているが離れる人は少なかった、、大事にしようと思います

 

、、自暴自棄になる癖があるから冷静になりたいですね

人との繋がりを見つけられないってのも事実だし仕方ないと思うけど 

これからの目標  

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくにて

何もない自分に「1」を足そうって言葉にハッとなる自分は今「0」だった

全身をするだけで1が足されていく、スタートラインに戻った、戻れた。

 

僕が今から世界指折りの資産家、超有名企業の会長になるかもしれ無い

(無いと思うけど)

2017年12月23日(土曜)なんとなく体が軽くなった感覚

(前日、熱が38.0出て寒くて震えてたけど)

 

 

 

 

冷めた女性のような考えが「没頭」する事の邪魔をしていた

 

「無理」「無駄」目の前の事に没頭できない人は何もなしえないんだなーと

 

「何かにならなければならない」って常識が邪魔するなら

「何もなしえなくても楽しい事をする」って考えがいいのかもしれない

 

2017年までに思った事と現実

 

 

と言っても 色々と欠如しているから1を足すのに時間がかかりそう

 

 

 PS100記事かけました!

 

おわり

 

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 
view rawfooter-list-delete.html hosted with ❤ by GitHub