ゆるやかに

護身な人生を送る僕のブログです

効率の良い勉強をしなければダメな理由を失敗経験だらけの僕が話す

スポンサーリンク

f:id:doudemoisekai:20180611014922j:image

 

 

 

「効率」を考えはじめた理由

合気道に関わってきた僕が指導してて自信が失われていくのを感じていた 

「人間性が備わっていないのではないだろうか?」と思う事が増えていた

「格闘技を極めて何に繋がる?」って疑問が生まれていた

格闘技のブームが過ぎ去り「文武両道が通じないよな」 と感じていた

一般路線(学校卒業して就職)の術を知った方が生きる上で合理的。

 

フリーターで迷いながら合気道の指導をしてるし

子供に「仕事なにしているのー?」と聞かれ

大人にも「仕事しろよー」と言われる

 

・・ダメージが半端じゃ無い。

「僕はコレで生きていたい!」と思うのに残酷だなーーと考えていた

 

結局の資本主義社会の生き方を知るべきじゃないか?って思いが強くなっていた  

効率の良い勉強が理解でき無いで生きていた

時代と妥協もあるが僕は小学校で勉強を捨てた。

勉強はしていたし、小学校の時の漢字の書き取りは好きだった

 

今思うと漢字の書き取りは単純作業であって

漢字を効率よく覚えて使うには効率が悪かった

 

中学校時代、ノートを書くのは嫌いじゃなかったが

これも勉強しているわけじゃなく単純作業をしているだけの状態

 

当時、僕は「勉強しているのに結果が無いし何したら良いかわからないよ!」状態

 

面白く無いし目標もなかったから学業を挫折した。

学生時代は別に勉強できなくても生きていけた 

 

ハンデがあろうが「平等」に社会は接してくる。

「皆出来るんだから、あなたも出来るでしょ?」と言われる・思われるが

「皆が出来るから僕が出来ると思ってんじゃねえよ」となる

良くも悪くも社会は平等だなと思った

効率よく勉強する事は仕事がはじまってから必須

昔「社会人になったらスタートラインは同じだよ」と言われた

今思うのは確かにスタートラインは同じだけど走る速さは違うよね!って事

「合気道の指導してコレで生きてく!」と思いながら生活費が無い状況に疑問を持ち

 

それでも「続けていれば大丈夫!」とダメなポジティブ思考。

これじゃダメだと思って「金稼いでなんぼの資本主義社会だから稼ぐ!」 と思い

ビジネスに挑戦するも情報弱者で素直な僕は努力の矛先をネットワークビジネスに向けて挫折

失敗を重ねて気づく「効率よく勉強しなければダメ!」

【テストの成績をあげるなら】

1つの事に集中して勉強して一気に覚えたらテストして確認して

もう一度、初めからテストすると1番効率よく内容を理解する方が良い

テストで間違えた所だけ問題をといても再び間違えた時モチベーションが下がる

【例えば数学】

数学だったら問題を見て2分以内に公式が出てこなかったら問題は解け無いから再び覚え直す。問題集を問題ど通りに解いても覚える効率が悪いから問題集をバラバラにして

問題を解く

 

・・大衆を対象とした効率のいい勉強方法は存在するのを僕は最近知った

 

 

遺伝子の問題もあるから全員能力が同じとは言え無い

しかし誤差はあるけどスタートラインは同じ

けど効率を求める人は隣の人が走って進む中、車を使って追い抜いていく

努力しているつもりの人は進むのが早い人を引きづり降ろそうとする

車で進んでいる人からしてみたら「いや、車のれよ(笑)」くらいにしか思わ無い

 

 

スポンサーリンク view rawfooter-list-delete.html hosted with ❤ by GitHub