ゆるやかに

まだまだ修行中の桃です

ハンデがあろうが「平等」に社会は接してくる

スポンサーリンク

f:id:doudemoisekai:20180622185735j:image

 

ふいに思った

 

「ハンデがあっても日本はあまり優しくしてくれないな・・」

 良くも悪くも社会って平等だな〜とこの日、考えていた

 

周りに国に変化を求めるのも違うし・・

社会の人に変化を求めるのも疲れる

政治家・メディア・親・友、他人に変化を求めても変わる事って

日本人にかぎった話ではなく人間は大きな変化を嫌う生き物だから

他人に変化を求めても体力と精神が浪費されるだけ。

 

体・精神の病気の人がいて、引きこもりもニートもいる

重い荷物を背負っている人に手を差し伸べる人、完全に無視する人

 

色々な人がいるけど、他人を見る目は良くも悪くも平等

 

人によって僕を良い人に見るし、悪人として見る人、バカにする人

 

多分、平等の世界から抜け出して嫌われる事を覚悟というか

「嫌われても別にいいや〜」と思う人は平等世界から抜け出すのかなーと思う

 

 

スポンサーリンク view rawfooter-list-delete.html hosted with ❤ by GitHub