ゆるやかに

まだまだ修行中の桃です

人生が変わる良い習慣を誰でも手にする方法

スポンサーリンク
f:id:doudemoisekai:20180622194233j:image
習慣45%ってなんの事だと思います?
人は45%が習慣的行動をして過ごしています
ちなみに寝ている時間は30%

略)デューク大学の学者が2006年に発表した論文によると、毎日の行動の、じつに40パーセント以上が、「その場の決定」ではなく「習慣」だという。──

引用:【習慣恐怖】行動の40%を占め、人格を支配する。変える技術を!|今日のおすすめ|講談社BOOK倶楽部

 
つまり習慣を自在にコントロールする事で人生は大きく変わると言えます
 
この記事を読んだ方が良い人
  • 自己嫌悪に落ちずにやりたい事をやれる人間に進化したい
  • 今まで目標を立てたけど続か無い人
  • 将来に役立つ習慣を身に付けたい!
この記事を読んでいただき実行ければ貴方は習慣化を自在にコントロール出来る事と思うよ!「ちょっとだけ自分でも頑張ってね!」

 

多くの人は何故、習慣化に失敗する?

これを読んでる人で、こんな経験をした事があるのではないでしょうか?
5月くらいになって「夏までに痩せる!!」
普段から運動して少し調整すれば腹筋が割れる!みたいな人は良いけど
「夏までに痩せる!」という人はそうじゃないよね?
急に頑張って痩せようとして痩せなくて「また来年がんばろー」とか言った事ない?
 
5月くらいにダイエット初めて「・・あんまり変わら無いや。もうやーめた!」
って経験ありませんか?・・僕はありますw
 
実は習慣化に失敗する理由は脳に原因があると言われています
簡単に言うと
脳は大きな変化が大っ嫌い!反対に脳が大好きなのはゆっくりした変化です!
 
昔から生き残る事を重視して大きすぎるリスクをとらないで
生き残った人の子孫なわけだから脳の仕組みも大きな変化を嫌いになるよね
 
小学生に親から「毎日コツコツ勉強しなさい!!」って言われた事ない?!
あれって間違ってないみたいだよ!
 
「僕は勉強はしたけど勉強の仕方が悪くて成績わるかったけど」
 

まとめ

多くの人は習慣化する時に大きな目標を立てて毎日大きなノルマ決めて

継続しようとするから習慣化でないで挫折する 

 

自己嫌悪になる事なく習慣化を自在に手にする方法

脳は大きな変化が嫌いでゆっくりした変化が好き という事は小さい変化でゆっくりした変化であれば脳が受け入れてくれます
 
つまり目標を小さくして何があっても1日1回は出来るくらいまで落とし込んで
脳を騙し継続させる事です
 
  
イチロー選手を例にあげると・・
 
調子が良い時も悪い時も毎日同じ練習をしてます
朝は毎日カレー。初動負荷トレーニングをして足裏のコロコロマッサージ機を使う
打席煮立った時は、いつも有名なポージング。バットはいつも同じ所で製作を依頼
 
イチロー選手が長い間どんなときも高いパフォーマンスを発揮できるのも
小さな習慣を大切にして習慣化出来ているから調子が悪くても原因に気づけるからです
 

まとめ

目標設定を小さくして脳を騙し小さい習慣を身につけよう

 

何故 、習慣化は最強なの?

習慣とは良くも悪くも「自動化」 です
仕事で慣れてきて疲れなくなった、もしくは退屈を感じる瞬間がありません?
仕事で退屈を感じている人はおめでとうございます!それが習慣化です!
 
つまり、習慣化すると退屈を感じるようになります
「さあ、やるぞ!!」と頑張ろうとしなくても無意識で行動が出来るようになります
 
頑張ろう!と意思の力を使うと脳が疲れます
前頭葉さんが疲れて「もうやりたくないよーー」となった時に
疲れた前頭葉さんを守り代わりに働くのが大脳基底核。つまり習慣です
 
例えばブログで毎日だけ1000文字の文章を書いたら365000字の文章が作れます
文字数だけでいったら1年で小説が2冊分書ける事になります
 
つまり何が言いたいかって
目標設定を高くしなくても小さい習慣を休まず続ければ大きな成果に繋がる
 
 小さい習慣は以下に偉大かというのがわかっていただけたら嬉しいです
 
まとめ
頑張らなくても習慣化して自動的に行動出来るから無理なく続けられるようになる 

新しい習慣を邪魔するのは貴方の脳

新しい習慣で大きい目標を立てると貴方の脳が幻をみせてきます!
 
前頭葉さんが目標を立てて「よーしやるぞおお!」とはりきって夢を見ているが
密かに大脳基底核は現状維持が好きですなので前頭葉が疲れるのを待ちます
 
前頭葉さんは体力が限られているから疲れるから疲れて所に
大脳基底核さんは優しく「現状維持がいいだろ?」とささやき
現状維持の世界に引きづり下ろします
 
更に!自己嫌悪にさせて現状維持の優位性を記録させようとします!
 
つまり新しい習慣をやる時は大脳基底核を刺激しない小さな変化で
現状維持に戻ろうと考えるのを騙さなくてはいけないのです
 
習慣化出来なかった自己嫌悪という幻をみせられないように
小さい習慣は必要不可欠なのです! 
まとめ
脳は大きな変化が嫌い。初めに大きな目標を決めさせて罪悪感、自己嫌悪を感じさせ挫折させようとする

新しいの天敵は疲れとストレス

前頭葉が疲れると大脳基底核が助けてくれる話をしたけど
日常生活で疲れを感じたり強いストレスを感じると
前頭葉を休ませるために大脳基底核が働きます
 
つまり、疲れている時やイライラしている時に新しい習慣を始めようとすると
前頭葉が疲れているから前頭葉に負担をかける事になり
新しい習慣が続か無い結果になります
 
「新しい習慣をはじめよう!」と考えているなら連休前など
疲れやストレスが無い状況で始める方が新しい習慣を始めやすいって事ですね!
 
まとめ
新しい習慣を始める時は疲れ手無い時にしよう! 

まとめ

 

多くの人は習慣化する時に大きな目標を立てて毎日大きなノルマ決めて

継続しようとするから習慣化でないで挫折する

1.目標設定を小さくして脳を騙し小さい習慣を身につけよう
 
2.目標設定を小さくして脳を騙し小さい習慣を身につけよう
 
3.頑張らなくても習慣化して自動的に行動出来るから無理なく続けられるようになる 
 
4.脳は大きな変化が嫌い。初めに大きな目標を決めさせて罪悪感、自己嫌悪を感じさせ挫折させようとする
 
5.新しい習慣を始める時は疲れ手無い時にしよう! 
 

参考にした本とサイト

 

小さな習慣

習慣の力 The Power of Habit

 

 

“小さすぎて失敗すらできない”ことを習慣化することが、やがて大きな結果につながる | レビュー | Book Bang -ブックバン-

 

【習慣恐怖】行動の40%を占め、人格を支配する。変える技術を!|今日のおすすめ|講談社BOOK倶楽部

スポンサーリンク view rawfooter-list-delete.html hosted with ❤ by GitHub