ゆるやかに

まだまだ修行中の桃です

20年合気道に関わった僕がを総合格闘技の優勝する方法を考える

スポンサーリンク

f:id:doudemoisekai:20180919231928j:image

 

 

合気道って何で総合格闘技で優勝してないの?

「合気道じゃ総合格闘技じゃ優勝できないだろ」

みたいな疑問があるようなので

もしも合気道を経験者が総合格闘技に挑戦〜優勝するまでの話をしようと思う

合気道経験者が総合格闘技で優勝するまで・・

【結論】合気道だけしかしてない合気道屋が勝てるわけ無い思い上がるな!

(怪我したら大変だよ)

 自称合気道の達人が総合格闘技の人にやられて怪我してるし

結果が出ているよね?そういう事ですよ

試合で勝つを目的に格闘技はじめるなら合気道じゃなくてもいいんじゃ?

真っ向勝負で相手を制す事は合気道を学ぶ理由として違うよーって事

さて、ここから今回は合気道経験者を総合格闘技で優勝させる話に以降します

合気道だけじゃダメなら他の格闘技すればいい

もともこもない事を言っているように聞こえます?

僕も思いますよ。

けど知らない事をするのに対策もしないで挑戦するのは無謀じゃない?

合気道は武器を使える流派もあるし総合格闘技の試合で「え?武器使えないの?」

とか言ってたら優勝以前に反則負けですよね?出場停止もありえるし

 

ルールを知り必要な事を頭と体に詰め込んでから始めようよ!ってなる

というのも含めて他の格闘技はじめれば?って結論

合気道の技術を幼少期から学べば総合格闘技での勝率も上がる

都合があるから事細かに言えないけど

昔の技術はシンプルで確実に相手を殺める技術もあったりなかったり

CQCのような感じの技があるかもよ?って事

昔あったシンプルな技術を幼少期から鍛錬したら

総合格闘技に応用できそうだなとかといって

「幼少期に殺人マシーンを育てて意味ないよね?」

「時代適応して合気道に付加価値をつけて役立てよ?」

って糸があったりなかったり??(推測)

大人の人は趣味で体を動かす、人と輪を求めて始める傾向にあるけど

子供は文武両道って意味で親御さんは入門させるのが大半だし

子供こそ合気道を学び付加価値をつけて得るものがある方がいいよね

 

関連記事:20年合気道に関わった僕が合気道を通じて感じる人生のあり方

 

【まとめ】合気道を使って優勝したいなら他の格闘技を知れ

合気道やってる人弱いとか意見に対して

「弱いんじゃないですかねー」と答えますね

なぜって?議論がめんどくさいからだよ?

経験してから言えよな?って話

合気道も使いようだし「足りない」と思うなら

「足せばいいだろ?」ってだけだし

 

合気道やっているからって最強とかいう人も

「どうした?」ってなるし

合気道やっているから弱いってのも

「発想力がないのですね。かわいそう」となる

PS

合気道が強い?からといって思い上がるなよ?って事

「強いのは技じゃねえ、俺だ!」くらいになれよなって話

まぁ僕は危険に巡り合わないスキルがあれば別に試合しなくてもいいって結論だし

格闘技の試合に出場して怪我するリスクはさけるよね

格闘技は元は人を殺める技術なわけだからね

 

スポンサーリンク view rawfooter-list-delete.html hosted with ❤ by GitHub