ゆるやかに

まだまだ修行中の桃です

自然循環で食べ物を育てる事のススメ

スポンサーリンク

f:id:doudemoisekai:20181017203426j:image

土が友達みたいな家に生まれ落ちて

植物が育っているのを見て思う

「人が頑張らなくても木は育つ」 

今回は

自然循環で植物を育てればいいんじゃないかなって話

 

 

自然循環で育つものだけ育てる

木の葉は土に帰る

木があれば葉が出来る

寒くなれば葉が落ちる

葉が落ちて腐って土に帰る

 

葉によって土に帰るのに時間がかかるから

均一に腐葉土にならないけど

木があるだけで腐葉土は完成するから

腐葉土を買わなくてもいい 

折れた枝が土に帰る

f:id:doudemoisekai:20181017203549j:image

枝の処理を毎回ゴミ収集で出していたけど

「もったいない・・」

場合によってはお金もかかる

「枝も腐らせれば自然に帰るのでは?」

調べてみると腐って土に帰るようなので

腐らせて肥料になってもらう事にした

 

たまたま日陰に置いて忘れていた枝が

腐っててカブトムシ香り?を放っていた

湿度が一定の環境であれば枝も腐るようなので

 

ブルーシートを使い被せておけば枝も効率よく腐りそう

昆虫が土を育てる

土に覆われた地面を眺めていると

沢山の生き物がいる

 

先月までハチや蝶が花から蜜をとって

花粉を運んでたりする

 

枝にダンゴムシが群がり

土にはミミズがいる

生存競争に敗れた虫が土に帰る

 

食べ物を育てる上で土をいじってたけど

正直、昆虫は苦手で軍手をはめて触れる

感じだったけど今は素手で昆虫を触れるようになってきた

 

「土を育ててくれているんだなー」と思うと

苦手だった昆虫も触れるようになるから不思議だ

自然循環の背中を押すために人がやる事は?

木があって土があれば人は手を加えなくても

自然に環境はつくられるものだけど

 

葉を一箇所に集めて腐葉土にしたり

木を日陰に置いても腐敗が進んだりする

土の上に上手に重ねるだけでも腐敗が進行するから

シートはいらないかもしれない

 

農家専業だとこんなふわふわした感じで出来ないけど

半自給自足であれば自然のままに食べ物を育てられたりする

 

まわりに住宅が多くなったから無理だけど

鶏とかヤギを放し飼いにして同居したら面白そうだよね

 

スポンサーリンク view rawfooter-list-delete.html hosted with ❤ by GitHub