ゆるやかに

護身な人生を送る僕のブログです

合気道歴20年の僕が格闘技の練習で安全対策をしてない問題に物申す

スポンサーリンク

f:id:doudemoisekai:20181126172310j:image

どうも 合気道を20年カジっている修行人

格闘技を初めて怪我した経験した人いません?

疑問に思いませんか?

「なぜ 安全対策してないの?」と。

僕自身、試合で怪我させたり

怪我したりって経験を経て思うのが

 

仕事だったら怪我しそうな事は

徹底的に安全対策するのに格闘技は安全対策が適当な印象

 

武術の稽古で安全対策しないと怪我して訴訟されてもおかしくないよ?

キックボクシングの練習で友人を殴り死亡させた報道がある

「一般論として、ボクシングのような危険性を伴うスポーツで殴り合って、相手に傷害を負わせても、犯罪とはなりません。

刑法35条では『・・・正当な業務による行為は、罰しない』と定められています。そして、スポーツであるボクシングは『正当な業務』として、正当化されます。

引用:キックボクシングの練習中に相手が死亡 「格闘技」でケガをさせたら犯罪になるの? - 弁護士ドットコム

法律上、正当な業務で死亡させてしまった場合はしかたないよね?

けど 練習で死亡させてしまった場合は「傷害致死」で捜査される結果になっている

安全対策をしないで許される状況の武道道場がある問題

「稽古に怪我はつきものだ!」で謝罪もしない道場も存在するそうな

参考:これが「武道の世界」なの? 武道体験入会中の怪我について - とある- 格闘技 | 教えて!goo

訴訟大国だったら訴訟が起きるだろうけど

日本人はよほどの事がなければ法手続きしないから

 

頭の悪い道場責任者が道場経営してられるのでしょうね〜

 

技と技を扱う人の力があれば

技自体は強力になるわけで加減をしなければ

怪我どころか死亡させる事も難しい話じゃない

剣は狂気、剣術は殺人剣なわけです(るろうに剣心より)

安全対策してない道場は行かないべきだよ

自分も怪我をさせた経験あるけど法手続きされてもおかしくなかったなと考えるようになり

 

教えたり自分の稽古する時は安全対策に徹底するようになった

 

おかしくないです?

わかっているのに怪我をする稽古をするのって。

怪我させないための加減は超考えるし

自分も怪我しないように全力を出すし

怪我させない事を意識もしない人と稽古はしない

 

怪我したら回復に時間かかるじゃない?

他の人は回復に時間使ってる間に

稽古できちゃうわけでしょ?

だったら怪我しないようにしたいよね

試合中の怪我は仕方ないけど許容範囲ではない

試合で怪我するなら分かる。

だが、許容範囲ではない。

 

ボクシングのタイトルマッチで大金を得るチャンスがある

深刻な怪我をしても手厚い保証があるのを知っている

 

とか 今後の人生を送るのに困ら無い状況できるならいいけど

ファイトマネーも今後の人生に困るなら

わざわざ怪我・死亡のリスクを背負って頑張るのが不思議

リスクを取るならリターンを考えないとな・・といつも思うよ

安全対策してない学校の授業の柔道は辞めてしまえは良いよ

例えば仕事なら命の危機がある事は全力で避ける。

もしくは安全対策を徹底する

 

しかし武道の稽古では意識する人が少ない印象

未だに柔道が授業にあるのが信じられませんね〜

伝統を守ろうとか思ってやってるのかな?

今を生きる人間に興味もない

伝統武道なんてさせても怪我するだけだから辞めればいい

安全に教えられる人がいればいいんだけど

【まとめ】と言っても武道は良いになりうる

格闘技のダイエットエクササイズに派生したり

道場によっては色々な年齢の人と接点が出来たりと学校や会社では出来ない人の繋がり方が出来たりするから面白い事も多い

良い所があるのに怪我させたりしたりする

環境において対策が疎かになのが残念

 

お金も生きるのに必要だけど

お金が紙くずになったら、必要なのは食料と人と楽しく繋がり続ける事なわけ

武道の世界で意識低め、変な方向に意識が行ってる人が多いから勿体無いな〜といつも考えております

 

おしまい

スポンサーリンク view rawfooter-list-delete.html hosted with ❤ by GitHub