ゆるやかに

護身な人生を送る僕のブログです

飽きっぽくめんどくさい事が嫌いな僕がした飽き無いためにした工夫

スポンサーリンク

f:id:doudemoisekai:20181205021803j:image

思い立ったらすぐに初める!

聞こえは良いけど飽きてやめてしまうのです

効率が良い方に逃げてしまう

ハマったらハマった事ばかり考えてしまう

 

極端に飽きっぽい体質の人に伝えたい

細かい事に目を向けて工夫して飽きるのを防ごうよ!って話

好きな事にも飽きてしまう

ADD疑惑で仕事では続ける前にクビ切られるから

続けるも何の無い

むしろトラウマを植えつけられて

どうしようもないが・・・

合気道は長期休暇をはさみつつも続けている

飽きっぽい人は嫌いな事はもちろん、好きな事でも飽きてしまうので

モヤモヤしてしまう事ありません?

飽きっぽいくて悩む時期を経て

飽きっぽいのを改善するのではなく受け入れ

自分の長所にしていく方向にしていこう!

けして、悪い事だけではないからね

嫌いになったらめんどくさいが膨張し 飽きる

めんどくさい人で飽きっぽい真面目くんは(僕) 

1度、一定ラインを超えると取り返せなくなったりする

これは僕が正社員から脱線した理由の1つの要因にもなっている

長時間働いてチームワークで稼ぐ大多数の正社員システムが 

控えめに言ってもクソ面倒くさい!と思っていた

(他意はないそのままの意味)

とは言うものの根がネガティブだから

「他人に依存しないと生活費を工面でき無いのがコワイ・・」

と思っていたので結局続かなかった

 

飽きっぽい人は嫌いな事をしても

ポテンシャルが発揮できないし

 

会社勤めなら会社に順応し日々工夫すれば飽き無い

会社勤めを脱線してしまったらバイトなりして

複業を4つくらいつくれば安全運転できそう

とにもかくにも工夫をしよう。

飽きっぽい人は変化に気づく目を養う事で緩和されるぞお

なんだかんだで正社員は最強じゃないか?と思い復帰を考えて面接いくが

どおやら相当難易度が高い。門前払い感を感じる

 

何も知識を取り入れる事なく入社→退職をするのは

とてもリスクが高い。

飽きっぽくてめんどくさがりさんが

会社をやめる事がないように

飽きない・めんどくさいが緩和する方法を書く

好きな事しても自分を褒める

嫌な事より好きな事の方が飽きるのが早い

好きな事をしても自分を褒めてあげたり

ご褒美を準備して上げた方がいい

好きな事してご褒美?と思うかもしれない

 

しかし、一定だと飽きてしまうのだ。

 

ご褒美を設けて更に喜びがあると

より飽きにくい状況にする事が出来る

工夫する

飽きっぽいなら工夫して

日々の出来事に変化をつけるしかない

ここで役に立つのが「めんどくさい」と思う事

 

「めんどくさい から 効率よくする」

「つまらない、めんどくさい から楽しくする」

 

めんどくさいも役に立つのが

工夫するメリットじゃないかな?

デメリットをメリットに変えて行く

ポジティブな思考が必要にはなるよ

【まとめ】飽きっぽい人は実は各々の成功に近づける

[https://twitter.com/Ti_si_/status/1069983163542233088:embed#全ては命と生活を護り理想を諦めないため!*1まぁまぁ〜家庭とか子供とか背負う間違いをしてないからなんとかなっておるいや、他人は嫌いじゃないけど私には他人の人生を背負う器が無いの… https://t.co/GKjZP2wqWx]

 

僕の場合は飽き無いものが稼ぎになりにくい(工夫が必要)

飽きっぽいけど続くものが仕事以外って場合

しんどいものがある。

飽きっぽい人の理想は仕事に没頭する事だけど

仕事に没頭でき無い人は悩み多い人生をおくるでしょ?

 

そんな時は背負うものは断捨離し

没頭・辞める・没頭のサイクルを学びながら続け無いと

後々で生活費の工面がが難しくなる

しかし、ルームシェアで生活費を安く抑えて

働く時間を短くして勉強するのもいいね

変化に気付き対応していく事

僕はよく道場の子供と子供になったつもりで話すけど

学校で勉強している内容だとか物の価値観とか

自分の学生時代と違っていたりするから面白い

「同時に変化の速さに対応していか無いと大変な事になる」と感じる

 

未成年の方に情報をもらってると焦る時あるけど

情報の千差万別して必要な知識を得るのに没頭する事にした

 

物事の変化に対応するために・・

投資を試したり自給自足の勉強したりして

首から下が動かなくなっても金が回る仕組みを作る工夫をしたり

貨幣経済が破綻しても生きていけるようにしてみたり

↑極端!

 

変化に適応できる基礎を固めている

「生息地は地球全土」って言える方が最強だと思う

 

究極、仕事もスマホ一台で完結できるようにしたい。

電波の届か無い場所にいっても

路上でパフォーマンスをして移動できる状況が理想

 

仕事をするのも大事だけど変化に適応できる基礎を10代〜20代前半で

身につけるのも大事じゃないかな?

 

大半の「将来の不安はこなかったりする」

だったら「今を変化に適応するために生きるべき」

 

おしまい

*1:と言う名のこれしか出来ない

スポンサーリンク view rawfooter-list-delete.html hosted with ❤ by GitHub