ゆるやかに

護身な人生を送る僕のブログです

「頭に来てもアホとは戦うな」という事で対人関係を合気道的に考えてみる

スポンサーリンク

f:id:doudemoisekai:20181206221455j:image

「合気道を様々な場面で使う事はできぬものか・・」

そんな事を考えていたら書店で

「頭に来てもアホと戦うな」を読んで

まだまだ合気道の市場価値を高める事が出来るかも?って感じなので

人付き合いにおいての合気道の使い方を話そうと思う

【前提】成功者は皆、空手より合気道である

「頭に来てもアホとは戦うな」で

著者の田村耕太郎氏の言葉で以下のように言っている

成功者は皆、空手より合気道である

相手の力で相手を崩すのである

 

無駄な事に時間を使い自分の磨きたい事に時間を使うのを邪魔する

「アホ」 と関わっていたらメンタル的にも疲れるし

仮に論破して叩きのめしてもアホは湧き出てくる

 

・・空手で相手をスルりと交わす考えが無い事もないけど

 

合気道のように「アホ」を上手にスルーしたり上手に扱う方が労力が少なく済む

対人関係における合気道の応用「聞き上手になれ」

人の接し方で「聞き上手」は正しく合気道だ

 

敵意を剥き出しの人にも柔らかい言葉で聞いて

相手の需要を読み取る(相手の攻撃を見定める)

確実に弱点をつく言葉を届ける(相手の力で相手を崩す)

僕も合気道に長く関わっていたからなのか聞く事に重点をおいて話ぞ

(話題をつくるのが苦手なだけ説)

 

・・仕事でクレーム対応で長く勤めている猛者は合気道をしてるのでは?!

だってね、全てを紳士に受け止めていたらメンタル崩壊しそうだ

対人関係における合気道の応用「語彙力を身につけよ」

聞き上手になって相手を崩す機会を待っても

こちらから崩せるものがないと崩しようが無い

 

語彙力のない人は敵意剥き出しで向かってくる人に

次元の低い悪口しか言え無い印象

しかし!語彙力のある人は確実に相手を崩して

生殺与奪状態にする事が出来る

 

どんな感情も一定時間がすぎると冷める時がある

これを相手が崩れたと仮定するならば

冷めて人の意見が耳に入る時に

生殺与奪状態に持っていける言葉を言うため

語彙力が必要なのだ!

対人関係における合気道の応用「幽体離脱で怒りの制御」

本で書いてあったのは

幽体離脱をし自分を上から見て

相手の考えた事を第三者目線で見やすくする

って内容だった

 

怒りを感じだ時に相手と同じ土俵で

戦うと相手の思うツボだったりする

怒りを誘う人と絡んでも不毛な時間を過ごすし

さらっと流すようにしてれば

相手もイジりがい無し

声かけるのやめよーって心理が生まれたりする

対人関係における合気道の応用「誇りを捨てよ!」

「金にならん誇りは捨てよ」

とはよく言ったもので

無駄にプライドが高くても得られるものは無い

自分の主張が強くなるし

自分が主張しすぎると相手の事を考えられなくなったりする

 

「金にも目的達成にも使えないプライドは捨てちゃおう」

対人関係における合気道の応用「権力者に花を持たせる」

どこの世界にいっても権力には逆らえ無いもので・・・

・法律に反する事をしたら周囲の人間が敵になる

・会社の上司に逆らえば立場が悪くなる

・学校の中心人物に逆らえばイジメの原因になる

 

組織の権力に勝ちたいなら地道に戦闘力を伸ばし

確実に倒せる時を待つしかないわけですよ

 

そうなると・・・

やりたい事があり、やれるチャンスが来たら

他人に何を思われようとチャンスをくれる人に忠誠を誓い権力を手に入れるのは 汚くなく潔し!そこまでやるのが本気だ

下手なプライドは1円にもならないし

権力に逆らう事に夢中でチャンスを逃したらもったい無い

逆らうより上手に付き合おうね?って事ですな

対人関係における合気道の応用「嫌いな人と付き合う」

・・絶対に無理と思うのは冷静に判断してからでも遅くなさそう

嫌いな人でも正しい事を言っている場合がある

「幽体離脱」をして大事な所だけ聞いて他はスルーすると

案外、嫌いな人も掌で転がせたりするかもしれ無い(ゲス)

また、相手を知る事で好きになる事があるかもしれない!

(無い事の方が多い) 

 

おしまい

 

お守り代わりにでも読んでみる事をオススメする 

スポンサーリンク view rawfooter-list-delete.html hosted with ❤ by GitHub