ゆるやかに

護身な人生を送る僕のブログです

【確信】仕事辞めたい人は必見!職場で友達を作るべきだ!

スポンサーリンク

f:id:doudemoisekai:20190321220307j:image

 

youtu.be

仕事は続けたら伸びる?

それとも自分に合う仕事を探す?

実はどちらも最終的に人生における幸福度は変わらない

仕事は人間関係を重視して選ぶべきじゃ!

↓本編

仕事が辛くても友達がいると乗り切れる

学生の時は友達できたけど

仕事はじめて職場で友達ができ無い人って多いかも?と思う

「仕事は仕事。友達は別の場所で作る」

でも良い。そういう考えもある

職場以外でも人脈をつくるのも良い

しかし職場で友達をつくると一緒に遊びに行きやすいのも事実

違う仕事している人と友達でも会えるけど

時間が合わ無い自体がありえる(体験中)

自分が勤めている仕事場が忙しいところだと尚更

職場に友達はつくらない。に凝り固まった考えだと

仕事でメンタルが弱った時に一人で考えこんで悪い方向に行きやすい

実は、自分の勤めている職場で友達が3人以上いるだけで

人生の満足度は96%あがる統計もある

仕事場では3人以上友達を作った方が良さそう…

だが難しい。「3人は無理!」で諦めるより

1人いるだけでも32%あがるって考えればいいさ

【極論】仕事の愚痴を言い合う友達でも良い

自己啓発系の本、動画では「愚痴を言う仲は無駄!」

というのを目にする

しかし…

「ポジショントーク!」(主観)

愚痴を言い合う仲でも3人で仕事終わりに集まって

居酒屋で悪口を肴に呑むのも楽しいよ?

自己啓発系の人が言う事は生き方を自由にすると考えるなら

愚痴を言い合う仲は切った方が良い

しかし現状を乗り切ら無いと次の世界は見え無い

現状維持の仕事仲間との時間も作りをして

現状打破の違う人脈を作る方が現実的

仕事は給料より友達を選ぶべき

「月給100万を狙い稼ぐ!」なら転職はあり

だけど…

給料20万 、友達がいる職場なら

稼ぎにこだわら無いで友達がいる職場を離れるのはもったいない

半端な給料を求めて友達がいる環境から離れたら

ストレスでお金を使い逆効果になるよ?

もう一度言います、半端な給料をあげるなら転職するべきじゃない!

仕事選びで重要な事の1つに友達つくりの方法を知るべきかも?

学生から社会人になる過程で…

  1. 面接練習
  2. エントリーシートの書き方
  3. 合同説明会
  4. 会社研究

1〜4が無意味と思わ無い。

就職活動時期に1〜4の項目は間に合うし

だが!足り無い! (ドヤッとしたい)

例えば学生時代に勉強できるけど友達いないタイプは

公務員になるエリートコースのレールに乗れれば良いけど

レールに乗るのに失敗したら友達作りが苦手

面接の相談も出来る人がいない状況になったら最悪

採用されないループに一直線でしょう…

(ボク自身。ただ勉強は一切できないレベル)

じゃあ…学生時代にやる事は?

フリーターから起死回生を狙う僕は考えた時に…

友達をつくりして遊びを企画するとかじゃない?となる

自然と自分の周りの人が面倒みてくれるレベルだったら

学生時代はもちろん、社会人になっても楽しく生きれる

ブラック企業に就職するなんて心配もないよね?

友達経由で情報を教えてくれそうだし

【さいご】僕の経験談

ブロガーで独立!

トレーダーになって独立!

何でもいいから独立!

・・だが、全部失敗中!!!!!!!

仕事しても失敗が多く苦手意識が成長し

怒られる事に対して過剰に反応する状況

「誰にも依存しないで稼ごう」

となるり取り組んでみるもうまくいかない

そりゃ〜ビジネスのビの字も知らないのに

上手くいくわけがない。

投資なら1人でも稼げるけど知識不足で現在も赤字

「コレは楽しい人生!と言える??・・」

誰とも関わらないで生きてるなんて

生きていないのと同じ

ありがとう!と言われる事がしたいわけじゃない

だが、上手くいかない

何が足りない?何をしたら良い?

既に結果を出した人は今いる高い所から助言する人が多いけど

正直、その助言だけじゃ足りない人が多いと思う

生まれた環境、生きている環境、状況ちがうしッ! 

それは言い訳だ。と言われればその通り

だけど、何から手をつけて良いかわからない人もいるよね〜

キラキラした言葉を聞いて上手く行く人もいれば上手くいかない人も居る

 自分なりの生き方を見つけないとイカンわけ

って事で

仕事をするなら友達を作る方がいいぞ!

というのを強く言いたかったわけです。

 

 

おしまい

 

スポンサーリンク view rawfooter-list-delete.html hosted with ❤ by GitHub